連盟役員紹介

こちらでは、2023年・2024年の連盟役員を各部署の仕事内容とともに紹介していきます。

■会長からのご挨拶

「この度会長に就任いたしました南ブロック原山ひかり校区の豊田健次です。
皆様には、平素よりポートボールの活動を通じて、こどもたちの健全育成にご理解ご協力いただきありがとうございます。
堺市ポートボール連盟(以下連盟という)は、平成6年に発足して今年で29年になります。
1級審判員の集まりとして、港球会というチームから、堺市こども会育成協議会の呼び掛けで、現在の連盟が立ち上げられました。
連盟は、審判員の集まりです。
堺市こども会育成協議会における女子公式競技たるポートボールの普及と発展に貢献し、ポートボールを通じて、こどもの心とからだの健全な発展に寄与することを目的にしています。
目的を達成するために下記の活動を行います。
(1)ポートボールの普及及び指導
(2)審判員の養成及び資格の認定
(3)講習会及び研修会の開催
(4)競技規則の制定
(5)用具の研究調査及び認定
(6)各種スポーツ団体との交流及び親善
(7)その他、必要と認める活動
役員は、原則として各支部より3名ずつの計18名が推薦され、会長、副会長、書記、会計 と4つの部署(審査部、審判部、競技部、指導部)に分かれてそれぞれが目的を達成するために活動します。
また、原則月に1回の定例会に加え、年に3回支部長のみなさんにも定例会にご出席いただき合同で会議を行っています。
こどもたちから「ポートボールをしてよかった」と言っていただけるように、役員全員で力を合わせて活動してまいります。
今後とも連盟の活動にご理解とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。 」

 

会長、副会長

左から村川副会長、豊田会長、南側副会長、
 
■会長 豊田健次(南*原山ひかり)
「娘が小学校2年生の時にポートボールを始めたことがきっかけとなり、2009年一級審判員に合格、その後、南支部で副支部長と支部長を、また連盟では審査員兼アドバイザーと副会長をそれぞれ経験させていただき現在に至ります。 ポートボールをこどももおとなも楽しめる活動にできるようにがんばりたいと思います。」
 
■会長のお仕事
連盟を代表して一切の業務を総括します。
 
 
 
■副会長 村川亜希子(東・美原*登美丘東)
「私も小学生時代にポートボールを経験しており、懐かしい気持ちで娘と一緒に参加させて頂くようになりました。 4期目の連盟役員となりましたが、初心を忘れず頑張ります!よろしくお願いします。」
 
■副会長 南側貴志(西*鳳南)
「西ブロック 鳳南小学校 若竹こども会の卒業生です。2013年より連盟本部役員になり、今期で6期目になります。気がつけば連盟本部役員でも長老になっていました…。周りのみなさまから頼られる人になりたいです。」
 
■副会長のお仕事
会長の補佐ならびに会長不在の際にその職務を代行します。また、会長から指示のあった案件について、さまざまな調整を行います。

 




書記、会計

左から会計井本さん 書記南口さん、仲さん

■書記 南口憲一(南*上神谷)
「ポートボールに携わり7年目になります。こども達といっしょに楽しく活動しています。宜しくお願いします。 」

■書記 仲麻里(東・美原*日置荘西)
「こどもたちや娘と同い年の若いコーチに毎週元気をもらいながら、楽しくポートボール活動をしています。支部や連盟でもたくさんのすてきな人に恵まれて、楽しくお仕事しています。ホームページも担当させてもらっています。見かけたら、いつでも声をかけてくださいね(*^^*)」
。」

■書記のお仕事
会議に使用する資料作成、議事案・議事録などの作成、総会資料の作成
 
 
 
■会計 井本裕子(西*向丘)
「ポート歴20数年にして、今回 まさかの連盟役員のお話をいただきまして、大変驚いております。 お役に立てるかどうかわかりませんが、頑張りたいと思います。 よろしくお願いいたします。 」
 
■会計のお仕事
連盟の経理を総括し、経費の収支を担当させていただき、総会において会計報告を行います。

 

 


審判部

左から阪口副部長、福地部長、前田副部長

■部長 福地友理(南*三原台)
「今期で連盟役員4期目です。指導部、競技部、審査部、今期は審判部部長を務めさせて頂いています。各部の役割や仕事内容は違えど、ポートボール競技の普及と発展、そして何よりこども達の笑顔のために役員一同一丸となって頑張ってます。まだまだ、若輩者ですが宜しくお願い致します。」

■副部長 阪口隆司(西*向丘)
「先輩に誘われ、始めた指導者ですが先輩とバトンタッチをして今は連盟の役員をさせていただくまでになりました。次へバトンを渡すまで頑張ってまいります。よろしくお願い致します。」

■副部長 前田直久(北*東三国丘)
「こども会の活動としてポートボールを通じ、こどもから大人まで地域の皆さまが喜んでいただけるよう微力ながら貢献したいと思います。」

■審判部のお仕事
連盟審判員の資質を向上せしめ、ポートボールの健全な発達を図るとともに、競技を公正かつ円滑に実施すための実務に関する事項をとりまとめる。
・審判員への技術向上(研修会企画およびアドバイザー、講師の派遣)
・支部研修会へのアドバイザー派遣
・各級審判員事前研修会へアドバイザー、講師の派遣
・各級審判員認定会へ講師派遣
・中央スポーツ大会へ審判員の派遣、大会運営協力

 




審査部

左から中島部長、高木副部長、田中副部長

■部長 中島諒祐(堺*大仙)
「娘がポートボールを始めたことで初めてポートボールというものに関わるようになりました。これからもこどもたちの活動のお手伝いを通じて、こどもたちに楽しい思い出を残せるように頑張っていきたいと思います。」

■副部長 高木恵子(北*金岡)
「こども達に負けないくらい楽しませてもらっているポートボール活動に少しでも恩返しできるよう頑張って参ります。 よろしくお願いいたします。」

■副部長 田中洋一(堺*新湊)
「こどものポードボールに同行してるうちに、自分がポートにハマってしまいました。 こども達の思い出作りに少しでもお役に立てるよう頑張って参ります。 宜しくお願い致します。 」

■審査部のお仕事

・審査部は各支部より3名ずつ推薦された18名の連盟本部役員から部長1名と副部長2名を置き、1級審判員で5年以上の実務経験を有し、連盟から推薦指名された審査員7名で構成されています。
①審判員資格試験に関する業務
 (筆記テストを準備したり合格者の審判員手帳を教育委員会に取りに行ったりします。)
②審判員資格認定に関する業務
 (審判員資格試験を受験しにきた人たちを採点し、合格か不合格か判断します。1級と2級の資格試験には連盟の諮問機関である『スポーツ専門委員※小学校の先生』も採点に加わります。)
③競技規則の制定、及び用具の研究、調査、認定に関する業務
 (ポートボールの競技規則や用具が変わるときは内容を審査します。)

 

競技部

左から佐野副部長、羽田部長、荒川副部長

■部長 羽田俊幸(東・美原*日置荘)
「2人の娘が、1年生から6年生までポートボールをしてました。現在はコーチをし、18年目を迎えました。大人もこどもも楽しいポートボールをしています。連盟役員としても3期目で競技部部長としてこども達のポートボールの為に皆さんにと共に頑張って参ります。」

■副部長 佐野智之(堺*神石)
「神石校区の佐野です。連盟役員も2期目となり少しずつですが仕事にも慣れ、これからもポートボール、こども会活動の発展、普及のお手伝いが出来るように頑張っていきたいと思います。」

■副部長 荒川圭介(中*西陶器)
「連盟役員、競技部2期目をさせていただくこととなりました。審判認定会や中央大会の会場準備など、慣れないこともありますが、こどもたちが一生懸命、そして楽しくボートボールができるように微力ながら頑張ります。 また、多くのこどもたちと大人が、堺市ポートボールという素晴らしい活動を知って、そして体感していただけるよう、いろいろと発信できたらと思っています。」

■競技部のお仕事

主な仕事内容としては
・ポートボール競技についての検討
・コロナ禍におけるガイドライン作成
・市こ協主催の大会のコート設営
・チーム対策アンケートでの協議&提案 です。

競技部3名、まだまだ未熟ですが頑張って参ります。宜しくお願いします。

 



指導部

左から野上副部長、竹下部長、西内副部長

■部長 竹下佳秀(中*福田)
「連盟2期目となりました。指導部長として、ポートボールを盛り上げていけるよう、頑張ります!」

■副部長 西内勇次(北*百舌鳥)
「娘が2年生の時からポートボールに携わり、5年目になります。こどもたちが楽しく出来るように頑張ります!!」

■副部長 野上博(中*久世)
「ポートボールに携わったのは約20年前で長女が1年生の時です。連盟は1年目で何ができるかわかりませんが一生懸命頑張ります。」

■指導部のお仕事

①指導者の育成、指導をします
②技術指導書の作成普及
③オフィシャル研修会の講師
④各ブロック大会の視察
٠講習会や指導のお手伝いに指導部 講師を派遣いたします

新たな取組みや、フットワーク軽く活動していきたいと思います😃宜しくお願いします。